宇宙キャビンアテンダント(STCA)という新しい職業はいつ誕生するのか?

それほど遠くない未来、宇宙旅行が当たり前になり、宇宙キャビンアテンダントという職業が女性の憧れの職業になっているかもしれません。
宇宙キャビンアテンダントとは、飛行機ではなく宇宙船に搭乗するキャビンアテンダント(CA)のことです。
どのような条件がそろえば「宇宙キャビンアテンダント」という新しい職業が誕生するのでしょうか?

宇宙キャビンアテンダントが誕生するための条件

「宇宙船キャビンアテンダント」という職業名は長いので、ここからはSTCAと略します。
※STCAは「Space Travel Cabin Attendant」の略称です

STCAは宇宙船版のCA、客室乗務員です。
ということは、民間人が普通に宇宙旅行を楽しむ時代にならないとSTCAの仕事は必要ありません。

民間人による宇宙旅行が普及するための条件としては

  • 民間人による長時間(2時間以上)の宇宙旅行の商業化
  • 宇宙旅行にかかる料金の低下
  • 宇宙での事故等のリスク低下

などが考えられます。
これらが、どうなっているか確認してみましょう。

民間人向けの宇宙旅行サービスの内容と料金

宇宙についての情報を広く深く紹介しているWEBサイト「宇畑(そらばたけ)」に、個人向け宇宙旅行についての記事があります。
2020年サービス開始!?「宇宙旅行ビジネス」の現状とその費用、企業紹介

宇畑の記事によると

  • ヴァージン・ギャラクティック
  • ブルーオリジン
  • スペースX
  • スペース・アドベンチャーズ

この4つの民間人向け宇宙旅行サービスがあることがわかります。

宇宙が分かる」情報サイトの宇畑(そらばたけ)

宇宙が分かる」情報サイトの宇畑(そらばたけ)

4つのサービスの、宇宙船に搭乗している時間と料金をチェックしましょう。
※一部、宇畑から情報を引用しています

  • ヴァージン・ギャラクティック:搭乗時間90分程度、料金は25万ドル
  • ブルーオリジン:搭乗時間15分程度、料金は20万ドル
  • スペースX:搭乗時間20時間程度、料金は5,500万ドル((BBC:スペースXの宇宙船、ISSにドッキング成功 米民間で史上初から、ISSに到着するまでの時間を参考。))
  • スペース・アドベンチャーズ:搭乗時間は不明、料金は3,700万ドル

長時間宇宙船に乗るのは、ISS(国際宇宙ステーション)に滞在するタイプの宇宙旅行だけのようですね。
ISSに到着するのに48時間ほどかかるケースもあるようなので((ファン!ファン!JAXA!:6時間 or 2日間?! ソユーズ宇宙船の飛行時間のひみつ))、時間については問題ありません。

問題なのは、料金です。
ISSに滞在するスペースX、スペース・アドベンチャーズはともに数十億円のお金がかかります。
スペースXの5,500万ドルを1ドルあたり107円の為替レートで計算すると約59億円です。

時間はともかく、この料金を見ると民間人が宇宙旅行する日は遠い未来だと感じます。

イーロン・マスクが率いるスペースXの公式サイト

イーロン・マスクが率いるスペースXの公式サイト

宇宙旅行での事故のリスクはどれくらいか?

そもそも宇宙旅行で事故が頻発しているようでは、個人の宇宙旅行は普及しません。

サンプルが少ないので判断は難しいのですが、民間人向けの宇宙旅行を計画しているヴァージン・ギャラクティックは、2014年10月の試験飛行中に死亡事故を起こしています。
乗客はいませんでしたが、この事故でパイロットが死亡しています。

ただ、飛行機のように死亡事故に遭う確率が数字で出ている訳ではありません((ライフハッカーの記事によると、飛行機事故で死亡する確率は、1100万分の1。))。
宇宙旅行時の事故のリスクについては、民間人向けの宇宙旅行がはじまってみないとわからない、というのが真実でしょう。
だから宇宙旅行での事故のリスクは、現在のところ不明となります。

宇宙キャビンアテンダントの実現には他の問題もある

  • 宇宙旅行の料金の高さ
  • 宇宙旅行で事故が起きる確率(のわからなさ)

以外にも、宇宙船キャビンアテンダント(STCA)の誕生を妨げそうな問題はあります。

ざっとあげると

などが問題になりそうです。

宇宙キャビンアテンダントの誕生はかなり先になりそう

ここまでの内容を確認すると、宇宙キャビンアテンダントの誕生はかなり先になりそうです。
もしかしたら、非現的な職業で、未来になっても誕生しないこともありえます。
危険があることを考えると、女性ではなくて男性の職業になるかもしれません。
飛行機に乗るのが危険だった時代、飛行機のCAも昔は男性にしかできない仕事でした((西日本アカデミー航空専門学校:そうだったのか!CAの歴史))。

とくに超高額の料金は問題です。
宇宙旅行に数十億円かかると乗れる人は超富裕層のみで、普通の人には無理です。

それでも、いつか料金は下がります。
飛行機も車も、発明された直後は富裕層しか乗れませんでした。
パソコンだって同じです。
同じようなことが、宇宙旅行でも起きるはずです。

もし宇宙キャビンアテンダントになりたいなら、テクノロジーの進化を待ちましょう。