ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨にかかわる仕事や職業とは?

ビットコインのチャート

ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨の値上がり・値下がりをめぐるニュースがたくさん流れています。

こんご仮想通貨(暗号通貨とも呼ばれます)はどのような発展をするのでしょうか。

この記事では仮想通貨に関わる仕事や職業を考えます。

この中には2018年1月には職業として生まれていないものも含まれます。

仮想通貨が発展すればそれにともないたくさんの職種と雇用がうまれます。

もしかしたら、いまの小学生が高校生になるころ、仮想通貨にたずさわる職業は子供にとって憧れの職業になっているかもしれません。

※仮想通貨は価値の変動だけでなく法律面などもふくめ変化のスピードが早すぎるので何か決めるときは慎重に判断することをおすすめします

職業ジャンルその1.仮想通貨を作る側の仕事

仮想通貨はデジタルのデータです。

なので貨幣のように日銀や造幣局とは関わりがありません。

つまり、自分のパソコンからプログラムを書き、自作の仮想通貨を発行することもできます。

まずは仮想通貨をつくる側の仕事や職業を考えます。

仮想通貨の開発

仮想通貨の開発者

仮想通貨の開発者は仮想通貨と、それを発行する仕組みを開発する仕事です。

知識としては

  • プログラミングの知識

  • ブロックチェーン周辺の知識

などは絶対に必要になります。

ただ、いくら優れた仕組みをつくっても仮想通貨は流通しないかもしれません。

世界中の開発者が自作で仮想通貨をつくっている時代です。

市場でひんぱんに売買されるような仮想通貨になるには大きな資本・スポンサーがいないとかなり難しいかもしれません。

ICOのコンサルティング

ICO(新規仮想通貨公開)のコンサルティングも作る側にふくめました。

ICOとは自分たちで仮想通貨を発行し、仮想通貨の投資家たちから資金を調達する仕組みです。

ICOはベンチャー企業などから注目されており、すでに海外ではICOの成功事例がたくさんあります。

ICOのコンサルティングサービスをしている会社は日本でもすでにいくつか有名な会社があります。

もしコンサルティングをおこなう会社に入社できれば、ICOのコンサルティングを職業とすることができます。

職業ジャンルその2.仮想通貨を売買を仲介する仕事

仮想通貨は直接の

  • 購入

  • 売却

  • 交換

などはなかなかできません。

仲介してくれる会社を経由して取引するのが一般的です。

株を売買できる証券会社のように、このような仕事も将来人気がでるかもしれません。

「将来はどんな新しい職業が生まれるか」

などの経済系の記事では

「仮想通貨バンカー」

という職業が出てくることがあります。

おそらく、この仮想通貨バンカーとはここで紹介する仲介的な仕事をする人のことだと思います。

営業活動

仮想通貨の取引所ではたらく

仮想通貨は「取引所」とよばれるサービスをとおして売買をおこなうのが一般的です。

取引所といっても証券取引所のような場所はありません。

ネットだけで取引が行われています。

有名な取引所には

などがあります。

取引所の運営会社をしらべ、運営会社のホームページをみれば求人情報を確認できます。

他にも転職情報サイトなどで取引所関連の求人情報はたくさん見つかるはずです。

仮想通貨取引所の「bitFlyer」

仮想通貨取引所の「bitFlyer」

仮想通貨の取引所での売買を人に営業する仕事

マウントゴックス事件のせいか、仮想通貨には

  • 怪しい

  • 怖い

  • 騙される

などの悪いイメージがあります。

そんなイメージを覆せるよう個人投資家に営業活動をする職業が未来には生まれるかもしれません。

固定給にプラスして、投資をうながした個人投資家が

  • 口座開設

  • 売買

などの行動をすれば報酬が発生するような職業になったら高所得の職業になりそうです。

仮想通貨は株式と比べると売買の頻度が高くなりそうなので、もし売買で報酬がもらえるような仕事をしたら大きな給料をもらえるかもしれません。

職業ジャンルその3.仮想通貨の相場で儲けをだす仕事

仮想通貨は値上がり・値下がりがはげしいです。

ということは儲けるときはたくさん儲けることができ、損するときはかなり損する、ということでもあります。

このような激しい動きに魅力を感じたり、相場の動きを解明したいと考えている人は仮想通貨の売買で儲けをだす仕事が向いているかもしれません。

仮想通貨の取引でお金を稼ぐ個人投資家

仮想通貨の取引によってたくさんのお金を稼ぐ人が増えているようです。

これまで株やFXで相場をはってた人が移動しているのでしょうか。

もし値上がり値下がりを読む能力にすぐれていれば

「個人の仮想通貨の専業投資家」

としてたくさんのお金を稼ぐことができます。

ただ、FXや株の専業投資家に対しての世間の目はきびしいです。

「何をしているかよくわからない」

と言われることもあるでしょう。

仮想通貨でもおなじことで、職業として認知されづらいかもしれません。

仮想通貨を個人で売買して差額で儲ける

「仮想通貨トレーダー」

については別のページで詳しく解説します。

仮想通貨トレーダーとはどんな仕事をしている人なのでしょうか。職業としての仮想通貨トレーダーの情報を全般的にまとめます。

金融機関の仮想通貨ディーラー

仮想通貨ディーラーは個人としてではなく、金融機関などの所属して仮想通貨の売買をする仕事です。

とうぜんですが、利益をださないと会社からの評価はきびしくなります。

FXの為替ディーラーの仮想通貨版ですね。

職業ジャンルその4.仮想通貨の周辺にうまれる仕事

仮想通貨の売買をする人がふえればそのまわりには色々なチャンスが生まれます。

じっさいに仮想通貨の投資をする人より、その周辺にチャンスを見つけた人の方がリスクなく儲かるかもしれませんね。

仮想通貨専門のアフィリエイター

FXブログの大人気サイトの運営者は月収が数百万円ともそれ以上あるとも言われていた時代がありました。

仮想通貨に関しても的確に売買をアドバイスできるようなブロガーならそのブログは大人気になるでしょう。

そして仮想通貨取引所の口座開設などのアフィリエイトで儲かるかもしれません。

ただ、すでにこのようなアフィリエイター・ブロガーさんは多いので競合よりも優れた情報を提供しなくては人気サイトは作れません。

仮想通貨専門のアフィリエイターについてはリンク先でくわしく解説します。

仮想通貨アフィリエイターはビットコインやイーサリアムなど仮想通貨の情報をネットに公開してアフィリエイトによる広告収入を得るお仕事です。

情報商材を作って売る仕事

アフィリエイターと似ていますが、こちらもFXと同じく情報商材などの需要が生まれるかもしれません。

仮想通貨の売買に関連するツール・ソフトウェアを開発する仕事

仮想通貨の取引の

  • 効率アップ

  • 勝率アップ

などが期待できるソフトウェア・ツールは需要がありそうです。

プログラムの知識や金融関係の知識は必須となるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする