認定遺伝カウンセラーの求人情報や就職先について

認定遺伝カウンセラーの求人情報や就職先

認定遺伝カウンセラーは大学院を卒業しなければ資格試験を受けることすらできません。

つまり、かなりハードルが高い資格だということです。

では数年間の努力の末、就職先はどのようになるのでしょうか。

2018年2月現在わかる範囲で

  • どうすれば求人情報がみつかるか

  • どんな企業・組織が就職先になるか

などの情報をまとめます。

認定遺伝カウンセラーの求人情報の探し方

まずは認定遺伝カウンセラーの求人情報がどのようにしたら見つかるかをまとめます。

最初に言ってしまうと

  • 認定遺伝カウンセラー専門の求人情報サイトは無く

  • 一般の新卒・転職関連のサイトには求人情報は少ない

というのが今の状況です。

探し方その1. 医療機関や研究所のHPから探す

認定遺伝カウンセラーは産婦人科や臨床遺伝などがある医療機関や、それらの研究所に勤務することが多いです。

なので、働きたい都道府県の医療機関のホームページから求人情報の有無を調べるという方法があります。

探し方その2. ハローワークから探す

すこし意外ですが認定遺伝カウンセラーの求人はハローワークから見つけることができます。

ハローワークは日本各地にあり、事務所の中の端末で誰でも求人情報を探せます。

もちろんネットからハローワークの求人を探すこともできますので、希望する都道府県で認定遺伝カウンセラーの求人が無いかを探してください。

探し方その3. 学校にきている求人情報から探す

認定遺伝カウンセラーの資格は大学院を卒業しないと得ることができません。

そのせいか、認定遺伝カウンセラーの育成コースがある大学院には医療機関から求人情報が届くようです。1)朝日新聞:「遺伝カウンセラー養成 医師と違う立ち位置で患者を支える人材を」参照。

もし認定遺伝カウンセラーとしての即採用を希望するなら、

  • 大学の教授などの教員

  • 大学の就職課の職員

などと相談してみるのも良さそうです。

脚注   [ + ]

1. 朝日新聞:「遺伝カウンセラー養成 医師と違う立ち位置で患者を支える人材を」参照。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする