ドローン操縦士(パイロット)とは?どんな職業なのか

ドローン操縦

ドローンには物を運んだり、カメラをつかって画像・動画を撮影することができ、それらの機能はさまざまな産業で活用されています。

このまま順調に普及し、ビジネス・産業の分野で活用範囲でひろくなれば

ドローン操縦士・ドローンパイロット

などが職業として認知されるようになるかもしれません。

この記事ではドローン操縦士の

  • 仕事内容

  • ドローン操縦士になるために必要な資格や免許

  • 活躍できそうな業界

について解説していきます。

ドローン操縦士の仕事内容

ドローン操縦士の仕事はドローンの操縦がメインです。

なのでドローンを操作・運転する技術は必須です。

ただ、ビジネスなど商業的な世界で活躍するためにはドローンの操縦ができるだけでは仕事としてなりたちません。

ざっとあげると

  • カメラでの撮影の技術や撮影センス

  • 撮影現場の天気や風によるドローンへの影響を予測する能力

  • クライアントへ魅力的な企画を提案する能力

  • (個人として独立するなら)営業力・交渉力

などの能力を求められる仕事がおおくなるでしょう。

ドローン操縦士が活躍できるのはどんな業界か

ドローン操縦士が活躍できる業界や分野はかなり広いです。

  • 農業(広範囲に渡る農場への農薬・飼料の散布)

  • 交通インフラが弱い過疎地域への食料・衣料・医薬品の配達

  • 建設現場

  • 商業写真・撮影(スポーツやアート)

  • 映画・ドラマなど映像作品の空中撮影(空撮)

  • 軍事系企業

  • 防災・消火・消防

こんご少子高齢化が進むにつれ、自動化の流れがおきてドローンが活躍する範囲は拡大していきます。

ドローン操縦士が活躍できる業界については下記ページでくわしく解説しています。

ドローン操縦士として活躍が期待できそうな業界をまとめます。

ドローン操縦士になるには

ドローンの操縦士になるには

  • 個人事業主として仕事を請け負う

  • ドローンを活用している企業で働く

などの方法があります。

ただ、働くうえでは実績や資格について問われることがあるので、資格はともかく実績はしっかり積み上げておいた方がよいでしょう。

ドローンの操縦にかかわる資格や免許

ドローンの操縦にかかわる資格はいくつかありますが、2018年1月現在は国家資格はありません。

すべて民間の認定資格です。

ドローンの運転にかかわりそうな資格についてくわしくは下記ページを確認してください。

ドローンの操縦士として仕事をするのに関係する資格に関わる情報をまとめました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする