仮想通貨トレーダーとは?

仮想通貨トレーダー

仮想通貨のトレーダーとは個人で仮想通貨の売買をおこなう人のことです。

個人の売買スタンスや個人事業主もしくは法人として売買を行っているかどうかで

  • 仮想通貨の個人トレーダー

  • 仮想通貨専業トレーダー

  • 仮想通貨投資家

  • 仮想通貨機関投資家

などのような名称で呼ばれることもあると思いますが、この記事では

  • 法人や個人事業主ではなく純粋な個人で

  • 専業ではなく本業以外の時間を使って仮想通貨の売買をしている人

「仮想通貨トレーダー」

として話を進めたいと思います。

仮想通貨トレーダーは何をする仕事?その内容とは

仮想通貨トレーダーの仕事内容というか、やっていることはどんな事なのでしょうか。

実際にやっていることはとてもシンプルです。

まとめると

  • 仮想通貨の売買

  • 仮想通貨に関連しそうなニュースの収集

  • SNSやブログでの情報発信

などの業務になります。

すべて自宅で作業が完結するものなので、社会人や大学生の副業としても取り組みやすいかもしれません。

具体的にはそれぞれどんなことをしているのでしょうか。

仕事その1.仮想通貨を買って値上がりしたら売る

仮想通貨のトレーダーにとって大事なのは、

  1. 仮想通貨を買い

  2. 値上がりしたタイミング売る

ということです。

つまり仮想通貨の売買です。

そして、ここから収入を得ることになります。

株式投資における長期保有とは違い、数年〜数十年単位で仮想通貨を保有すると考える仮想通貨トレーダーは少ないと思います。

なので基本的には短期間で売買をして、その差額から利益を得ることになります。

仮想通貨取引所の「bitFlyer」

仮想通貨取引所の「bitFlyer」

利益を出すには通貨の選択と売買のタイミングが大事

仮想通貨の売買で利益を出すためには、流れとして

  • 購入する仮想通貨を選択する

  • 仮想通貨を仮想通貨の取引所で購入する

  • 仮想通貨が値上がりしたタイミングで売買する

このようになります。

大事なのは

  • 将来値上がりするであろう仮想通貨を購入して

  • 値上がりしたタイミングで売却する

ということです。

このようにまとめると簡単に見えますが、じっさいはとても難しいです。

購入した途端に暴落するなどのリスクもあるので、十分に調査した上での購入がおすすめです。

仮想通貨の売買と採掘(マイニング)は別

ここでは詳しく説明しませんが、

  • 仮想通貨の売買

  • 仮想通貨の採掘(マイニング)

は別物だと考えてください。

大きな資本があれば別ですが、日本国内で個人が仮想通貨のマイニングをする「マイナー」として生きていくのはとても大変です。

仕事その2.仮想通貨の情報を仕入れ判断する

仮想通貨のトレーダーの仕事は

仮想通貨の値上がり値下がりを予測する

仕事とも言えます。

なので仮想通貨の値上がりや値下がりの材料になるような最新情報を常に仕入れないといけません。

仮想通貨に関する情報は

  • ネット

  • SNS

  • 仮想通貨に詳しい友人や仲間

などから仕入れている人が多いです。

仮想通貨のトレーダーがあつまるオフ会やSNSなどもありますので、情報を入手する方法はたくさんあります。

仮想通貨トレーダーなるには?その条件

仮想通貨トレーダーになる方法と条件についてまとめていきます。

簡単な条件さえ満たせば誰でも仮想通貨トレーダーになれますので安心してください。

条件その1.仮想通貨取引所で口座を作れる年齢になっている

仮想通貨トレーダーは仮想通貨の取引所で仮想通貨を購入し、そして売ることによって収入を得る仕事です。

なので仮想通貨の取引所で口座開設できる年齢でないとトレーダーにはなれません。

口座開設については基本的には18歳以上と設定している取引所が多いです。

しかし、例外として保護者の同意があれば未成年でも口座を開設できることがあります。

条件その2.投資の元手となるお金がある

仮想通貨売買にあたって、取引所の口座開設は無料です。

お金がかかるのはほぼ通貨を買う時のみといってよいです。

仮想通貨の売買は比較的リスクが高い投資です。

運が悪ければあっという間に100万円が50万円になってしまうくらいなので、

  • FX

  • 株式投資

などと比べるとリスクの高さは比べ物になりません。

しかし、その分当たると大きいのも事実です。

ただ、超ハイリスク・ハイリターンの投資なので当面使う予定がないお金での売買を強くおすすめします。

よって、日々の生活に特に困っていない人の方が向いています。

なけなしのお金を使う対象としては仮想通貨はふさわしくありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする