クラウドファンディングのキュレーター・スペシャリストとは?

クラウドファンディング・キュレーター

クラウドファンディングを使って資金を集める個人や企業が増加しています。

そんな状況なので、

  • ファンド内容の審査・見極め

  • 支援者にたいしてのファンドの見せ方のプロデュース

などができる人材の需要はとても高いです。

上記以外にもさまざまな仕事内容がふくまれますが、

  • クラウドファンディング・キュレーター

  • クラウドファンディング・スペシャリスト

と呼ばれる職業は支援者とプロジェクトを感情でつなげるのが仕事です。

※どちらも中身は同じなのでここからは「クラウドファンディング・キュレーター」で呼びかたを統一します

クラウドファンディングでは個々の能力が担当するプロジェクトの成否を左右するので非常にやりがいのある仕事と言えます。

全体的には金融的な仕事というよりは総合的にプロデュースするコンサル的な仕事だと言えそうです。

このページではクラウドファンディング・キュレーターについて全般的に説明します。

最初にクラウドファンディングについてかんたんに説明をしたいと思います。

新しい資金調達方法「クラウドファンディング」とは?

クラウドファンディング(crowd funding)

とはインターネットを介して個人・法人が主に個人から資金を募集することができるサービスのことです。

社会(social:ソーシャル)

から

資金(fund:ファンド)

を調達することから

「ソーシャルファンディング(social funding)」

とも呼ばれます。

「ファンド」という言葉が使用されるので投資などの金融商品のような印象を持つかもしれませんが、金融商品には該当しないとされています。

ただ、例外としてミュージックセキュリティーズ株式会社が運営するマイクロ投資プラットフォーム「セキュリテ」のようなクラウドファンディングの仕組みを利用した投資商品もあります。

クラウドファンディングはざっくり分けると

  • 商品購入型クラウドファンディング

  • 投資型クラウドファンディング

  • 寄付型クラウドファンディング

に分かれます。

寄付型以外は明確に集めたい金額が決まっており、もし定められた期間中に支援者による申し込みが募集額に達しない場合は資金調達は不成立となります。

設定された金額に対して1円でも足りなければ不成立なので、けっこう厳しいです。

成功するかどうかはキュレーターの力しだい?

クラウドファンディングは購入型、投資型のどちらも

  • 募集金額

  • 募集理由と資金の使い方

  • 募集期間

  • 募集状況・経過

  • 支援者に対するリターンや特典

などが決められており、この中身で支援者は支援するかどうかを決めます。

この中でも

  • 募集理由

  • 資金の使い方

  • 支援者に対するリターンや特典

はとくに重要で、この内容によって募集が成立するかどうかが決定すると言っても良いくらいです。

つまりお金の集まり方が変わる、ということです。

募集額に達しない場合はいっさいお金が入らないので、不成立は募集者だけでなくクラウドファンディングサイト運営会社にとってもおおきな痛手となります。

いかに募集を成立させるかを考えたり、企画の合否を判断するのがクラウドファンディングキュレーターの仕事です。

クラウドファンディング・キュレーターの仕事内容

クラウドファンディング・キュレーターの仕事はずばり

ファンドの募集を成立させること

です。

クラウドファンディングサイトはファンドを成立させることによって手数料をえて、それが自社の利益になります。

仕事内容についてくわしくは下記ページを参考にしてください。

クラウドファンディングでキュレーターとして働く人の仕事内容をまとめます。