Articooloで文章を自動生成する方法や上手な使い方

Articoolo

Articoolo(アーティクール)の使い方はとてもシンプルです。

まず、全体の概要や機能を知りたい方は下記のリンク先で確認してください。

AI(人工知能)によって文章を自動を作成してくれるサービス「Articoolo(アーティクール)」です。
Articoolo(アーティクール)の登録・ログイン方法や機能を紹介します。

この記事では具体的な使い方や上手に文章を生成するテクニックについて説明したいと思います。

Articooloの使い方

Articooloを使うには無料の会員登録・ログインが必要です。

会員登録をして、ログインをしていることを前提に使い方を説明します。

記事の自動生成はワードを入力するだけ

使い方といってもArticooloはとてもシンプルなサービスです。

基本的には

  1. 自動で作りたい記事のテーマを考える

  2. テーマを表現するワードを2〜5個の複合語で選ぶ

  3. Articooloで「CREATE ARTICLE」を選択する

  4. キーワードに入力して生成する

という流れで記事は自動的につくられます。

無料で使うとボカシがかかる

Articooloは無料で登録できます。

しかし、無料会員のまま記事を作っても記事にボカシがかかっています。

なので無料のまま確認できるのは生成された記事の一部のみです。

一部とはいえ記事のクオリティは確認できます。

記事のボカシ

クオリティーと、右側にある「UNIQUENESS」という数字を確認したら購入して全文を確認という流れになります。

ちなみに「UNIQUENESS」とは「ただひとつ」などの意味があり、この数字が高いほど独自性が高い記事ということになります。

記事の購入方法

記事は

  • 記事の本数を決めて購入するタイプ

  • 月額のサブスクリプション(定額制)タイプ

の2種類に分かれており、

  • クレジットカード

  • Paypal

で購入できます。

以上が記事の作成から購入までの流れとなります。

記事購入画面

Articooloで上手に記事を生成するコツ

Articooloで上手に記事を生成するコツを紹介します。

Articooloはキーワードを選べば自動で記事を作ってくれます。

なので、キーワード選びが肝になります。

コツ1.英語のwebサイトに多い題材を選ぶ

Articooloが記事を作るにあたって参考にしているのは英語の学術論文やwebサイトです。

よって日本の超ローカルスポットなどの話題はソースとなる英語の情報が少なすぎて上手に記事を作れない可能性があります。

できれば世界共通の話題を探し、そのネタで記事を自動生成した方がよさそうです。

コツ2.キーワードを精査する

Articooloは2〜5語のキーワードをもとに、そのワードの意図を読み取り記事を作ります。

なのでしっかりと意図のあるキーワードを入力しないと求める記事は作れません。

具体的は

「なぜ日本の寿司は美味いのか?」

という記事を作りたいのなら

「japan sushi」

ではなく

「japan sushi reason delicious」

のように具体的な関連性が高いキーワードを入力しなくてはいけません。

語が苦手なら、google翻訳などを使い求める記事と近しいワードを探してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする