Articooloの登録・ログイン方法と機能のまとめ

Articoolo

Articoolo(アーティクール)は文章の自動作成ツールです。

ただ文章を作ってくれるだけでなく、ライターの仕事をサポートする様々な機能も付与されています。

この記事では

  • Articooloの登録・ログイン方法

  • Articooloの機能

を説明します。

公式サイトが英語表記ということもあり、登録方法や機能がわからなかった方は参考にしてください。

もし機能等ではなく、Articooloの仕組みやどのようにAI(人工知能)が活用されているかを知りたい方は下記ページをご確認ください。

AI(人工知能)によって文章を自動を作成してくれるサービス「Articoolo(アーティクール)」です。

登録・ログイン方法

まず、Articooloを使うには会員登録が必要です。

登録方法は

  • Facebookアカウント

  • Twitterアカウント

  • LinkedInアカウント

などで簡単に登録できますし、メールアドレスとパスワードを使っての登録も可能です。

Articooloの機能まとめ

Articooloの機能はサイトの上部にある

「SERVICES」

という部分で確認でき、SERVICESは

  • CREATE ARTICLE(記事を作る)

  • REWRITE ARTICLE(記事をリライトする)

  • GENERATE TITLE(タイトルをつける)

  • SUMMARIZE ARTICLE(記事を要約する)

  • FIND IMAGES(画像をさがす)

  • WRITER’S HELPER(ライター向けヘルプ)

  • FIND QUOTES(引用をさがす)

  • WORDPRESS PLUGIN(ワードプレスプラグイン)

  • ARTICOOLO API(API)

となっています。

つまり、これらがArticooloの機能です。

それぞれの機能を簡単に説明していきます。

Articooloの機能

CREATE ARTICLE(記事を作る)

CREATE ARTICLEは記事を自動生成してくれる機能です。

ほとんどの方がここを使うと思います。

ここで作りたい記事の内容を的確に表現する2〜5文字のキーワードを入れて記事を生成してください。

生成される記事の分量は250〜500単語の間でえらべます。

日本語ではなく英語で生成されるので、250単語でもけっこうな量になります。

REWRITE ARTICLE(記事をリライトする)

リライトとは文章を書き直すことです。

リライトすることによって一般的には文章の質が向上したりしますが、Articooloの場合はAIによるサービスなので、人間ほどはリライトの精度は高くないかもしれません。

GENERATE TITLE(タイトルをつける)

どんな記事・作品だろうとタイトルは重要です。

タイトルによってSEOの評価も大きく変わります。

Articooloは記事の本文を読み取り、タイトルを自動でつけてくれます。

  • URLの貼り付け

  • テキストの貼り付け

に対応していますので、タイトルを変えたい文章やURLを入力してください。

SUMMARIZE ARTICLE(記事を要約する)

Articooloを使えば長い記事を要約としてコンパクトにまとめることができます。

こちらも

  • URLの貼り付け

  • テキストの貼り付け

などで要約したい内容を指定できます。

FIND IMAGES(画像をさがす)

キュレーションサイトなどを作るとき、読者の負荷を減らすために画像を用意することが多いと思います。

画像を探すのに毎回フリー素材サイトなどを巡回するのは面倒ではないですか?

Articooloでは記事の内容にあった画像を表示してくれます。

ただし、有料素材が表示されることもありますので、利用に関しては慎重に判断してください。

WRITER’S HELPER(ライター向けヘルプ)

WRITER’S HELPER(ライター向けヘルプ)は記事のアイデアに行き詰まったライター向けの機能で、完全無料で何回でも使えます。

キーワードを入力すると、そのキーワードと関連性が高い文章が表示されるので、執筆にあたってのインスピレーションを得られるような文章を探すことができます。

ただ、ここで表示された文章をそのまま使うことができないので注意してください。

WORDPRESS PLUGIN(ワードプレスプラグイン)

WORDPRESS PLUGIN(ワードプレスプラグイン)はただのArticooloのwordpress用プラグインの紹介ページです。

wordpressでサイトを作成している方は利用してみてもいいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする