AI(人工知能)が記事を書く自動生成サービスまとめ

AIライター

AI(人工知能)を活用したサービスは増加する一方です。

いまの勢いと進歩から考えると、あらゆる業界がこんご人工知能による影響を受けるといっても過言ではありません。

人が得意とする分野だと考えられていた出版業界も人工知能の影響を受けるでしょう。

もう文章の作成や、売れる本の判別など、これまでは人が担当していた業務を人工知能が代替しつつあります。

この記事ではAIを使った自動で文章を作ってくれる生成サービスをまとめます。

おもに海外のサービスばかりですが、日本語に対応しているサービスもあります。

※日本の新聞社などは独自でサービスを開発・使用しているようで一般に公開していません

キーワードから記事を作成してくれるサービス

自動で記事を生成してくれるサービスにもいくつか種類があります。

まずは

人工知能 記事作成

AI 自動 文章

などのような複数のキーワードを任意で設定し、そのキーワードに沿った文章を自動で作成してくれるサービスの情報をまとめます。

Articoolo(アーティクール)

Articoolo(アーティクール)は2〜5語のキーワードを入力すると自動的にそのキーワードの中身としてふさわしい文章を作ってくれるサービスです。

  • キーワード数:2〜5語

  • 作成される記事内の単語数:500個以内

  • 対応言語:英語のみ

このような制限はありますが、英語でそれなりの文章を作成することができます。

現在のArticooloの能力だと英語しか対応していないこともあり、日本人のライターの職を奪うほどのインパクトはありません。

Articooloはイスラエルの企業によって運営されているのですが、日本企業が出資したことがニュースになりました。

なので、こんごは日本語に対応することがあるかもしれません。

・Articoolo

http://articoolo.com/

Articoolo(アーティクール)トップ画面

Articoolo(アーティクール)に関してより詳しい情報を知りたい方は下記リンクから確認してください。

AI(人工知能)によって文章を自動を作成してくれるサービス「Articoolo(アーティクール)」です。

数字などのデータから記事を作成してくれるサービス

天気や株価などの数字の情報から記事を作成してくれるサービスをまとめます。

このようなサービスは数字などの情報をわかりやすくまとまったストーリーに置き換えてくれるサービスと呼んでもいいかもしれません。

人間は単純な数字の羅列をみても意味や興味を感じにくいですが、整理されたストーリーのような形式には興味を持つ傾向があります。

株価や天気の情報は数字がメインの情報なので、このような記事は人工知能に作ってもらった方が人間が生産的な仕事に集中することができます。

Wordsmith(ワードスミス)

Wordsmith(ワードスミス)はAutomated Insights(オートメイテッド・インサイツ)によって運営されているサービスです。

すでに大手新聞社等で導入されており、スポーツの試合結果の報道などで活用されています。

仕組みとしては、

  1. 生成する文章のテンプレートを読み込ませる

  2. 文章のパターンを読み込ませる

  3. CSVでデータを読み込ませる

  4. CSVのデータを文章化

このようにして文章を作成してくれます。

文章の自動生成というよりは、定型文の生成と呼んだ方法が合っているかもしれません。

ただ、新聞などの報道機関が公表するニュースの多くは定型文ですので、報道機関の人手不足をおぎなうツールとしては使えそうです。

・Automated Insights

https://automatedinsights.com/

Wordsmith(ワードスミス)

Narrative Science(ナラティブ・サイエンス)

Narrative Science(ナラティブ・サイエンス)もわかりにくいデータを文章という人間にとってわかりやすい形式に変えてくれるソフトウェアを作っています。

ただ文章を作成してくれるだけでなく、Narrative Scienceは「ストーリー」を重要視しています。

もちろん人間のベテラン記者のように人の心を動かす記事を作るのは難しいようですが、単純なデータから物語を作れる時代が近づいているのかもしれません。

・Narrative Science

https://narrativescience.com/

Narrative Science(ナラティブ・サイエンス)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする